第二十九番 松尾寺 : 西国三十三所

当寺は、西国二十九番札所で、本尊馬頭観世音は、三十三霊場中唯一の観音像であり、農耕の守り仏として、或いは牛馬畜産、車馬交通、更には競馬に因む信仰を広くあつめている。

御詠歌  そのかみは 幾世経ぬらん 便りをば 千歳もここに 松の尾の寺
宗派 真言宗醍醐派 開基 威光上人
御本尊 馬頭観世音菩薩 創建 和銅元(708)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒625-0010 京都府舞鶴市松尾532
交通

府道564号線通行止め解除
平成26年2月22日までの予定で進められていた府道崩落箇所の補修工事は順調に進捗し、平成25年12月27日午前8時より通行止め解除となる旨、京都府中丹土木事務所より連絡をいただきました。 季節柄、降雪時には冬用タイヤをご準備の上、注意してご通行下さい。

冬季、積雪時のバスでの参拝について
バスでの参拝ルートとしてご案内しております、福井県側、関屋、今寺を経由するルートは積雪時、生活道路としての除雪は行われません。 京都府側府道564号線については生活道路として、積雪量が一定量に達しますと除雪が行われますが、これから厳冬期に入りますと、除雪された雪のために道幅が極端に狭小となり、大型車両の反転、通行は困難となります。 バス等の大型車両は、冬季積雪時にはしばしば実質的に通行不能となる場合がありますので十分ご注意下さい。

駐車場
(乗用車数十台+バス数台 (バス駐車場より境内まで約5分))
拝観料
無料
拝観時間
8:00〜17:00
納経時間
8:00〜17:00
※宝物殿 予め寺へ照会ください。
電話
0773-62-2900
FAX
0773-62-2028
ウェブサイト
http://www.matsunoodera.com
春、秋 彼岸会 無縁経会式
五月七・八日 舞儀音楽大会式
(「仏舞」は八日に奉納)

松尾寺がその中腹に位する青葉山(699米)は、福井縣から望見すれば、東西に並び立つ双方が一つに重なり、その秀麗なさまは「若狭富士」と呼称されている。 「富士なくば 富士とやいわん 若狭なる 青葉の山の 雪のあけぼの」 この山は死火山で、昔火焔を吹き上げ、噴流は直下の日本海に注いで壮絶な水煙をあげていたものと思われる。この厳しい表情をたたえた険峻な山は、早くから修験道修行の場となっていた。 時に慶雲年中、唐の僧、威光上人が当山の二つの峰を望んで、中国に山容の似た馬耳山という霊験のある山があったことを想起された。登山したところ、果せるかな松の大樹の下に馬頭観音を感得し、草庵を結ばれたのが、和同元年(708年)と伝えられる。 爾米、今日まで千三百年を経ているが、その間、元永二年(1119年)には、鳥羽天皇、美福門院の行幸啓があり、寺領四千石を給い、寺坊は六十五を数えて繁栄した。当地方唯一の国宝の仏画も、美福門院の念持仏であったといわれる。 その後、正徳6年(1716年)まで、五度火災に見舞われたが、享保十五年(一七三〇年)牧野英成によって、漸く今日の姿を整えるに至った。