第二十番 善峯寺 : 西国三十三所

日本一の松 神経痛・腰痛の祈願所 入学成就の祈願所 徳川五代将軍綱吉生母、桂昌院ゆかりの品1200点中約100点 寺宝館特別公開期間/春期公開 4月1日〜30日、5、6月 土・日・祝/秋期公開 10月土・日・祝、11月1日〜12月第1日曜

御詠歌  野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立
宗派 天台宗単立 開基 源算上人
御本尊 千手観世音菩薩 創建 長元2(1029)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒610-1133 京都市西京区大原野小塩町1372
交通
  • JR向日町駅下車阪急バス(約30分)
駐車場
(大型10台・小型150台)
拝観料
大人500円/高校生300円/小・中学生200円
拝観時間
8:00〜17:00 (16:30受付終了)
納経時間
8:00〜17:00 (16:30受付終了)
電話
075-331-0020
FAX
075-332-8342
ウェブサイト
http://www.yoshiminedera.com
一月二日 大般若会
六月第三日曜 桂昌院忌
八月十五日 施餓鬼会
十二月三十一日 除夜の鐘
毎月(第二日曜日) 本尊御開帳

当山は、長元2年(1029)源算上人の開山である。源算上人は、恵心僧都の高弟で、因幡(鳥取)に生まれ、横川(比叡山)の恵心僧都に従い、顕蜜の蘊奥を極め47歳の時、当山に入られ小堂を結び、十一面千手観音の像を刻み本尊となし、仏法を興隆された。長元7年9月、後一条天皇より、鎮護国家の勅願所と定められ良峯寺の寺号及び聖詠を賜わった。

“野をもすぎ 山路に向う、 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立”

以来歴朝の御崇敬篤く、長久3年、後朱雀天皇、洛東鷲尾寺より本尊仁弘法師作、十一面千手観音像を当山に遷して本尊とし、先の十一面千手観音像を脇立とされた。

白河天皇、諸堂を建立し給い、その後慈鎮和尚善恵上人、その高徳を相嗣がれ、また青蓮院の宮が代々当山に住まわれた。即ち覚快、道覚、慈道、尊円、尊道、尊祐、尊真、尊寳、尊證、各法親王である。そして西山の宮(門跡)と称された。

後花園天皇(102代)が伽藍を改築せられ、僧坊52の多きに及んだが、応仁の乱に兵火を免れず焦土と化した。

その後徳川五代将軍の母堂桂昌院が当山を復旧され、二百石及び山林42万5千坪を寺領とし明治に至った。

重要文化財として、多宝塔・大元師明王軸 その他文化財多数あり。

お泊り
名称 住所 電話番号
ホテル京都 エミナース 京都市西京区大原野東境谷2-4 075-332-5800
お食事処
名称 住所 電話番号
よしみね乃里 京都市西京区大原野小塩町703 075-331-5521