第五番 葛井寺 : 西国三十三所

当寺御本尊の千手千眼観世音菩薩坐像は、千手にて迷える衆生を救うための大慈悲を示し、唐招提寺、三十三間堂とともに三観音として有名である。秘仏。毎月十八日に開扉、その美しさは人々を魅了し、現世利益の観音信仰を支えてきた。

御詠歌  参るより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲
宗派 真言宗御室派 開基 行基
御本尊 十一面千手千眼観世音菩薩 創建 神亀2(725)年

参詣ガイド 地図 大きな地図で見る

住所
〒583-0024 大阪府藤井寺市藤井寺1丁目
交通
  • KNR(近鉄)南大阪線 藤井寺駅下車南側徒歩5分位
駐車場
(普通車15台・大型バス4台)
駐車場管理棟 電話 072-955-0578
拝観料
毎月十八日のご本尊開扉日のみ 300円
拝観時間
8:00〜17:00
納経時間
8:00〜17:00
電話
072-954-1111, 072-938-0005
FAX
072-952-1111
ウェブサイト
http://www.geocities.jp/saikoku33_5
一月十八日 初観音法要
二月三日 星供会 厄除祈願会
四月八日 花まつり法要
四月十八日 春季大法要 観音もちまき
四月二十九日 藤の花まつり
八月九日 千日詣
八月十六日 お盆万灯会
十二月十八日 修観音 大根煮
十二月三十一日~一月一日 除夜の鐘撞き

 河内の文化は、飛鳥時代より奈良時代にかけて発展し、当寺葛井寺も百済(くだら)王族「辰孫王」の子孫王氏一族の『葛井給子』が当時の天皇の仏教興降政策に協力し、国家のためと称して創建された。

 永正七年(一五一〇)の勧進帳によると、『聖武天皇』の勅願による二Km四方の七堂伽藍の建立で(当寺所蔵の伽藍絵図によると、金堂・講堂・東西両塔をそなえた薬師寺式の伽藍配置を整えていたと考えられる。)古子山葛井寺(紫雲山金剛琳寺ともいう)の勅号をいただき、その落慶法要には、天皇自ら行幸されたという。

 その聖武天皇が春日仏師(稽文会(けいもんえ)・稽首勲(けいしゅくん)親子)に命じて十一面千手千眼観世音菩薩を成させ、神亀二年(七二五)、三月十八日入仏開眼供養のため藤原朝臣房前卿を勅使に、行基菩薩を御導師として勤められた。